人気子役・本田望結は金がかかる女? 手本は「あぶ刑事」の浅野温子!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子どもの姿に変わってしまった大人を演じる本田望結

 20日、人気子役の鈴木福が、都内で行われた主演の異色刑事ドラマ「コドモ警察」のブルーレイ&DVD発売記念イベントに共演の本田望結らと出席。撮影の裏話をはじめ、来年3月公開予定の映画について明かした。

「コドモ警察」イベントフォトギャラリー

 人気ドラマ「家政婦のミタ」の末っ子役で大ブレクした望結ちゃんは、役づくりで監督からドラマ「あぶない刑事」の浅野温子さんをイメージするようアドバイスがあったことを明かし、「わたしは金のかかる女よ。ま、せいぜい頑張ってよ」というセリフも見事こなし、見た目は子ども、実は大人という女性刑事を熱演した。

[PR]

 本作は、ガスを吸わされ子どもの姿になってしまった特殊捜査課のベテラン刑事たちが悪の組織に立ち向かうという異色の刑事ドラマ。今年4月から6月までMBS・TBS系で放送された。深夜枠だったのにもかかわらず、これまでにない設定の刑事ドラマとして評判を呼び、来年3月公開予定で映画化も決定している。ドラマ初出演となるのマリウス葉(Sexy Zone)がキャリア刑事役として出演したのも話題を集めた。

 主演のデカ長を演じた福くんは、生イベントに緊張しながらも「デカ長を演じている鈴木福です。カラオケの18番は、石原裕次郎さんの『ブランデーグラス』です」と自身の役柄を説明。映画化が決定したことで「ヘリコプターからマシンガンを撃ったり、大きなビルで飛び移ったり、駆け上ったりするアクションシーンを演じたてみたい」と劇場版では激しいアクションを希望している様子。

 一方の望結ちゃんは「アクションもしてみたいけれど、こっちのほうも……」と手でかわいいハート型を作る。どんなシーンなのかと言及されると「シーンは監督にお任せします」とにっこり。最後には福くんが「映画も頑張りたいので、来年3月に劇場でお会いできればうれしいです」としっかり締めくくった。(福住佐知子)

「コドモ警察」ブルーレイBOX(税込み:15,750円)、DVD BOX(税込み:13,650円)は発売中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]