「ドラマの帝王」シウォン、2度目のスター役に「通過するべき段階にいる」<韓国JPICTURES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ドラマの帝王」に出演するSUPER JUNIORのシウォン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 31日 JPICTURES]SBSの新しい月火ドラマ「ドラマの帝王」の制作発表会が、ソウル市陽川(ヤンチョン)区の木洞(モクドン)にあるSBS社屋で行われた。この日「ドラマの帝王」の制作発表会にはキム・ミョンミンチョン・リョウォン、シウォン(SUPER JUNIOR)、オ・ジウンが参加した。

「ドラマの帝王」制作発表会フォトギャラリー

 シウォンは「ドラマの帝王」でトップスターのカン・ヒョンミンを演じることに対して「たくさんの人たちが、僕にスターの役を演じてほしいと考えているのかなあと思ったこともある」と話した。シウォンはアジア圏で最高の人気を得ているが、彼の本当の姿は堅苦しくて、天然キャラの人物だ。これまでドラマ「オー!マイレディー」でスターダムにのし上がる俳優ソン・ミヌを演じたことがある。シウォンは「僕が今後挑戦してみたい作品のためには、通過するべき大事な段階にいるので、ためらわずにすぐに出演を決めた。今回のドラマの経験は、今後の作品に生かされそうだ」とコメントした。また、これらの2人の人物には違いがある。ソン・ミヌは突然ある日スターになるが、カン・ヒョンミンは苦労の末にスターになる点だ。シウォンは「ソン・ミヌよりカン・ヒョンミンの方が、粗い性格だ。『オー!マイレディー』で演技が下手なミヌの役を演じることが難しかった。そうした点ではカン・ヒョンミンを演じる方が気持ちが楽だ」と話した。

 一方、シウォンはこの日「ドラマの帝王」に出演する感想と、視聴者へメッセージを伝えた。シウォンは「憎たらしく思われる役柄なので、どのように演技をすれば良いのか悩んだ。台本をそのまま演じると本当に嫌われる人物になってしまう。それに誤解されやすい人物だ。一日の疲れを飛ばしてくれるようなコミカルな演技をしたいし、演技は面白い」と話した。新ドラマ「ドラマの帝王」はひたすらお金のことだけを考える野心家であるドラマの制作会社の代表アンソニー・キムと、心温かく人間味あふれる新人脚本家のイ・ゴウン、ナルシストな韓流スターのカン・ヒョンミンが出会うことで繰り広げられるドラマの制作過程を描いたコメディードラマだ。(Jpictures Syndicate)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]