AKB48渡辺麻友、ミニスカコスプレで妄想恋愛話に……ウフフ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
制服のコスプレで登場した渡辺麻友

 18日、アニメーション映画『ねらわれた学園』の大ヒット御礼舞台あいさつが新宿ピカデリーにて行われ、ヒロインのナツキを演じたAKB48の渡辺麻友が役柄のコスプレで登壇。「劇中の制服にナツキ風のウイッグで、ほぼ完コピです」とピースサインで笑顔を振りまいた。

AKB48渡辺麻友、ミニスカコスプレで妄想恋愛話に… 画像ギャラリー

 登場した渡辺は「自分がナツキちゃんになってしまうんじゃないかと思うぐらい楽しいです」と自分のコスプレ姿に大満足の様子。ナツキは劇中、甘ずっぱい初恋を経験することから、渡辺にも「初恋のイメージは?」と話題が及ぶと「記憶をたどっても実体験では、ないですね」とやや寂しそうな表情。それでも「わたしは、わりと極端なタイプなので、映画のような普通の学園生活での恋愛もいいですが、やっぱり王子様とか貴族とかそういうのが好きなので、お城とかを舞台に……」と妄想タイムに突入し場内の笑いを誘った。

[PR]

 また劇場版アニメーションでの主役ということについて「昔からアニメ好きで、声を聞いていた小野大輔さんや花澤香菜さんと同じ作品に出られることがうれしくもあり不安でもありました」と出演が決まった当時の心境を振り返ったが「そんな人たちと一緒に自分の名前が並んでいることに感動しました」とアニメ好きならではの感想を述べた。

 「とにかく映像がきれいで、ストーリーも青春の甘ずっぱい恋模様が描かれ、ハラハラドキドキするすてきな作品なので、ぜひ多くの方に観ていただきたいです」と作品をアピールすると、客席からは大きな拍手が巻き起こった。

 本作は、眉村卓の同名SF小説を中村亮介監督がアニメーション映画化。舞台を中学校に置き換え、校内で起こるミステリアスな出来事を通じ、少年少女たちの揺れる思春期の思いを描いた青春物語。(磯部正和)

映画『ねらわれた学園』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]