ウイスキーと共にカルト映画を体感!村上淳も大満足の上映イベントが日本初開催!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
絵になります……『エイリアン』について語った村上淳

 俳優の村上淳が16日、アイリッシュ・ウイスキー「ジェムソン」を飲みながらカルトフィルムの名作を鑑賞する上映イベント「JAMESON CULT FILM CLUB」の日本初開催にゲストとして登場した。村上は、雑誌「CUT」編集長の古河晋と共に、この日の上映作品『エイリアン』の魅力や、俳優として今の日本映画界に望んでいることなどをフランクに語った。

「JAMESON CULT FILM CLUB」写真ギャラリー

 上映作品に関連した雰囲気を演出した会場で、ウイスキーを飲みながら映画を鑑賞できるということで、ヨーロッパで人気を博している本イベント。この日、『エイリアン』の劇中をイメージした怪しげな空間演出を施した会場に登場した村上は「こういうノリのイベントで映画を鑑賞するのはすごくいいことだと思う」と満足げな表情。

[PR]

 『エイリアン』について村上は「観て感動しました。怪獣ものだと勝手にイメージしていたけど、そうではなくて人類というものの過信などを描いている。(ヒロインの)シガーニー・ウィーヴァーがエイリアンと戦う姿は、男性社会で女性が戦っている図式を比喩的に表していると思う。(映画が公開された)当時はウーマン・リブだとか、女性が(社会で)より強くなっていくために、女性がすごくがんばっていた時期ですよね」など、自身の解釈を熱心に語った。

 そのほか、「俳優として、今後どういう日本映画を作っていくべきだと思うか?」と聞かれた村上は「海外の方はB級感があったり、ささいなことを丁寧につむいでいったりするようなアプローチの日本映画を観たいんじゃないかなと思う。VFXがすごいとか宣伝されている日本映画を観ても、ハリウッド映画を観たらもっと(VFXなどが)すごいですし。だから、人情だとか生活を感じさせてくれる日本映画のほうが好きですね」と邦画が目指すべき姿について、独自の見解を語っていた。(古河優)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]