シネマトゥデイ

井上真央、次回作は芸人役を熱望!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
次回作では芸人役を熱望する井上真央

 23日、女優・井上真央が、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『綱引いちゃった!』初日舞台あいさつに出席し「次回作では芸人さんの役に挑戦したい」と秘めた思いを語った。本舞台あいさつには、井上のほか松坂慶子玉山鉄二浅茅陽子西田尚美ソニン渡辺直美中鉢明子、そして水田伸生監督が登壇した。

井上真央、次回作は芸人役を熱望!

 大分県の綱引きチームをモチーフにした本作にちなんで「次回作もこのメンバーで映画を作るなら、どこでどんな作品にしたい?」とお題が出されると、井上は間髪いれず「『(ヨシモト)∞ホールで、ネタ披露しちゃった』というタイトルの映画に出演したいです」と即答。「芸人さんの役をやってみたいんですよ。『(渡辺)直美ちゃん家で、ネタ作っちゃった』というタイトルでもいいんだけれど、それだと(汚いと評判の)直美ちゃんの家をきれいにしないとダメだし、タイトルも地味ですからね」とノリノリ回答。

[PR]

 その理由を井上は「女性の先輩方がたくさん集まった撮影だったので、女子高のような雰囲気で、常に誰かがボケたり突っ込んだりしていたので、きっと面白い作品が出来そうです」と語ると、玉山も「僕は『マグロ漁船で、ツナ釣っちゃった』がいいですね。真央ちゃんにマグロ漁船に乗ってもらって、それを待つ夫が僕で、マグロの役は渡辺直美で」と構想を明かし、場内は大爆笑に。

 さらに松坂が「わたしは(劇中で言う)ムラムラしてきちゃった』というセリフがお気に入りだったので、真央ちゃんと玉山さんと直美ちゃんにココナッツのブラジャーをしてフラダンスをしてもらう『ワイキキでフラしちゃった』という映画がいいです。ムラムラするでしょ?」とお茶目な一面をみせるなど、終始笑いの絶えない舞台あいさつとなった。

 本作は、映画『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督が、実在した女子綱引きチームを題材に仲間の大切さや友情を描いたハートフルストーリー。井上は「勝負は諦めないことが大事ということが伝わる、頑張っている人の背中を押せる作品」と見どころをアピールした。

映画『綱引いちゃった!』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]