シャーロット・ランプリング、15年間婚約関係にある恋人と結婚するつもりはないと発言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
結婚しない方がロマンチックでしょ? - シャーロット・ランプリング(右)と婚約者のジャン・ノエル・タッセ - Foc Kan / WireImage / Getty Images

 映画『地獄に堕ちた勇者ども』や『愛の嵐』などでの退廃的な演技で知られ、最近では映画『わたしを離さないで』や『メランコリア』に出演しているシャーロット・ランプリングが、15年間婚約関係にあるビジネスマンの恋人、ジャン・ノエル・タッセ氏と結婚するつもりがないことを、NYTimes.comの取材で明かした。

シャーロット・ランプリング出演 映画『ある公爵夫人の生涯』写真ギャラリー

 ランプリングは、俳優のブライアン・サウルコム、そして作曲家のジャン=ミシェル・ジャールと、二度の結婚・離婚を経験しており、今の恋人とも長い婚約期間を経てもなお、結婚するつもりはないと断言。その理由として、「結婚しない方がロマンチックだから。わたしが結婚をしたのは、小さい子どもがいたから。今はみんな成人したわ」と述べている。婚約したままでいることに、タッセ氏も同意しているという。ただ、タッセ氏は何度かプロポーズを試みているそうだが、「毎回答えはノーなの。かわいそうな人よね。でも、わたしたちまだ一緒にいるから」とランプリングは明かしている。

 ランプリングは、シャルロット・ゲンズブール主演の映画『ニンフォマニアック(原題) / Nymphomaniac』で再びラース・フォン・トリアーとタッグを組んでおり、現在ポストプロダクション作業中だ。また、ジェラルディン・チャップリンマチュー・アマルリックと共演の映画『スピリティスム(原題)/ Spiritismes』が撮影中だ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]