リメイク版『ジュマンジ』が本格始動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リメイク版『ジュマンジ』の脚本家が決定! - ザック・ヘルム - John M. Heller / Getty Images

 1995年にヒットしたロビン・ウィリアムズ主演映画『ジュマンジ』のリメイク作品で、映画『主人公は僕だった』のザック・ヘルムが脚本を執筆することになったとThe Hollywood Reporterが報じた。

映画『ジュマンジ』写真ギャラリー

 本作は、映画『アメイジング・スパイダーマン』を製作したマシュー・トルマックと、『ポーラー・エクスプレス』を製作したビル・ティートラーが、コロンビア・ピクチャーズのもとで企画している作品。児童文学作家クリス・ヴァン・オールズバーグの原作を基に映画化することになっている。

[PR]

 そして、このたび『主人公は僕だった』『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』のザック・ヘルムが新たに脚本家として雇われ、本格的にリメイク作品を始動させたようだ。

 オリジナルの作品は、ボードゲーム「ジュマンジ」のプレイの内容が現実となってしまうパニック・ファンタジー映画で、ロビン・ウィリアムズのほかに、子役だったキルステン・ダンストブラッドリー・ピアースなどが出演。世界中で2億6,200万ドル(約209億円)を稼いだヒット作だ。(1ドル80円計算)

 派手なファンタジーアクションと、個性的な脚本を手掛けてきたザック・ヘルムのタッグならば、興味深い作品に仕上がりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]