市川猿之助、勘三郎さんに「生まれ変わってまた歌舞伎を」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
中村勘三郎さんをしのんだ市川猿之助

 市川猿之助が12日、主演舞台「助太刀屋助六 外伝」公開舞台げいこに出席し、5日に亡くなった中村勘三郎さんへの思いを、「悲しいけれど、死は事実。輪廻転生という言葉があるけれど、生まれ変わってまた歌舞伎を演じて欲しい」と語った。

舞台「助太刀屋助六 外伝」公開舞台げいこフォトギャラリー

 今年6月にニ代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名した猿之助。同舞台は、襲名後初の現代演劇への出演作となる。「共演者にも恵まれ、楽しみに思っています」と初日を心待ちにしていることを明かした猿之介は、同舞台の立案者であり、共演者でもある石橋直也に話をふり、「彼は浅草パラダイスで共演してから勘三郎さんにかわいがられていて、この舞台も元気になって、必ず観にいくと約束してくれていたそうです」とエピソードを明かした。

[PR]

 さまざまなジャンルの俳優が参加している本舞台で、宝塚出身の朝海ひかるは「想像を上回る舞台になっています」と興奮気味。猿之助も「この作品を、海外にも持っていけるような名作にしていきたい」と意気込んだ。ほかの共演陣も「お互い、いいところを高め合おうという気持ちで臨んでいる」と抱負を語った。

 「助太刀屋助六 外伝」は、故・岡本喜八監督が漫画読本として発表し、自ら「仇討ち・助太刀屋助六」としてテレビドラマ化、『助太刀屋助六』として映画化も手掛けた作品が原作。猿之助演じる助六が、藩の陰謀に翻弄されながら、恋と仕事の両方を得ようと奮闘する姿を描く。この日の公開舞台げいこには、猿之助、石橋、朝海のほか、吉沢悠忍成修吾鶴見辰吾が出席した。(福住佐知子)

舞台「助太刀屋助六 外伝」は12月15日から24日までル テアトル銀座にて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]