AKB48の2012年とは!? 前田卒業、指原移籍…新作ドキュメンタリー予告編公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
少女たちが涙の後に見たものとは? - (C) 2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 来年2月に公開されるAKB48の新作ドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る??』の予告編が、オフィシャルサイトにて公開された。メンバーの卒業、移籍など、2012年は激動の1年となったAKB48。予告編には、そんな転機を迎えた瞬間のメンバーたちの素顔も映し出される。

映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』場面写真

 2012年、AKB48にとって1番のニュースとなったのは、「不動のエース」と呼ばれた前田敦子が卒業したこと。それに伴い、大島優子渡辺麻友ら、メンバーのセンター争奪戦も激化。今回公開された予告編には、前田の卒業の裏側や、大島、渡辺らのAKB48に懸ける意気込みも紹介される。

[PR]

 また、2012年はAKB48にとって、「恋愛禁止」が取り沙汰された1年でもあった。指原莉乃のHKT48への移籍、増田有華の脱退などがあったが、予告編には、指原が総合プロデューサーである秋元康から移籍を命じられる瞬間、増田が自ら「脱退」を口にする瞬間の映像なども収められている。

 前作『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』でもメガホンを取った高橋栄樹がメガホンを取る本作は、前田卒業後のAKB48の新エースをめぐる熾烈なセンター争い、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった隠れた真実までをも浮き彫りにしていくという。

 秋元が「2012年の AKB48 は、ドラマティックな一年だった。しかし、その裏側は、もっと、ドラマティックでセンセーショナルなものである」と語ったというAKB48の裏側。劇場で、そんな知られざるAKB48の素顔の一端に触れたいところだ。(編集部・島村幸恵)

映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』は2013年2月1日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]