ロバート・デ・ニーロ、ネオナチ運動を描くドラマを企画!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ネオナチ活動を描くドラマを企画! - ロバート・デ・ニーロ

 トライベッカ映画祭の共同設立者であるロバート・デ・ニーロジェーン・ローゼンタールが、ネオナチ運動を題材にしたドラマ「ザ・フォース・ライヒ(原題) / The 4th Reich」を企画していることがわかった。Deadline.comが報じている。

ロバート・デ・ニーロ出演 映画『世界にひとつのプレイブック』写真ギャラリー

 本作のストーリーは、サウスボストンでネオナチ活動のリーダーを務めた男が、刑務所に入れられた後、FBIの秘密情報提供者になることで釈放される。そして、かつて仲間だった男に疎遠になっていた15歳の息子がかくまわれ、ネオナチ運動の新たな指導者にされていたことを知る……というもの。

[PR]

 暴力に重点を置いたドラマにはせず、ネオナチ運動と現在の生活、二つの世界で板挟みになる主人公を描くヒューマンドラマになるようだ。ロバートとジェーン、そして脚本を執筆するソーニャ・ウィントンとジョナサン・キッドが共に製作総指揮を務める。

 本作はアメリカのケーブルチャンネルShowtimeで放映される。ロバートは過去に映画『グッド・シェパード』でShowtimeとタッグを組んだ経験があるため、期待できる作品になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]