スタローン、異父妹から脅迫されていた…26年にわたって数億円を支払う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
異父妹から長きにわたって脅迫を受けていたことを明かしたシルヴェスター・スタローン - Albert L. Ortega / Getty Images

 シルヴェスター・スタローンが異父妹から脅迫され、26年にわたって計200万ドル(約1億6,000万円)を支払っていたことが明らかになった。スタローンの代理人が認めた。異父妹トニ・アン・フィリッティさんは昨年8月に肺がんのため死去しており、その際はスタローンの献身的な介護が話題になっていた。(1ドル80円計算)

 NYPOST.comによると、トニ・アンさんは1980年代、スタローンから数年にわたって暴行を受けていたと主張し、これをネタにスタローンに金銭を要求していた。スタローンは一貫して暴行の事実を否定していたものの、俳優としてのキャリアに傷が付くことを恐れ、示談に応じることにしたという。これについては、二人の母であるジャクリーンさんも「ゆすり以外の何物でもありませんでした」と証言している。

 トニ・アンさんが死去する昨年8月までにスタローンが支払ったのは、200万ドル(約1億6,000万円)の示談金に加え、一月あたり約1万7,000ドル(約136万円)の生活費、年間5万ドル(約400万円)相当の投資信託だといい、累計では6億円以上になるとのこと。

 この事実を認めたスタローンの代理人は「著名人は、家族や友人による脅迫の対象になることがよくあります。とても悲しいことです」とコメント。これまでスタローンは危篤になったトニ・アンさんを介護するなど、その異父妹への献身ぶりが話題になっていたが、事実が明るみに出た以上、これまでとは違った見方をされることは間違いない。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]