デスティニーズ・チャイルド、スーパーボウルで再結成!7年ぶりのステージ披露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スーパーボウルで7年ぶりとなるステージを披露したデスティニーズ・チャイルド - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 三人組ガールズ・グループのデスティニーズ・チャイルドが、現地時間3日に米ニューオーリンズで開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーで再結成を果たし、7年ぶりとなるステージを披露した。

 黒のレザーとレースでできたセクシーな衣装に身を包んだビヨンセは、まず一人で登場し「Love on Top」「Crazy in Love」などのヒット曲を披露。その後、舞台が暗転するとケリー・ローランドミシェル・ウィリアムズがステージ下から飛び出し、デスティニーズ・チャイルドの再結成が実現した。

 三人は「Bootylicious」や映画『チャーリーズ・エンジェル』の主題歌としても知られる「Independent Women Part I 」などを7年間のブランクを感じさせないほど息もぴったりにパフォーマンスし、会場は熱狂に包まれた。

 また、ビヨンセはオバマ大統領の就任式での国歌斉唱を“口パク”したことで話題になっていたが、E! Onlineなどによるとこの日はしっかり生声を披露していたとのこと。今後の活動は未定ながら、デスティニーズ・チャイルドは先月アメリカで、8年ぶりの新曲を含むベストアルバムをリリースしている。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]