スティーヴン・キングを『パラノーマル・アクティビティ』監督が映画化へ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・キング - Larry French / Getty Images

 映画『キャリー』『シャイニング』の原作者として知られるスティーヴン・キングの小説「セル」を、『パラノーマル・アクティビティ2』のトッド・ウィリアムズ監督が映画化することが明らかになった。

これもキング原作!映画『キャリー』場面写真

 WorstPreviews.comによると、本作は昨年10月にジョン・キューザック主演で製作されることが報じられていた作品。このたび監督にウィリアムズが就任することが正式に決定した。原作者のキング自ら脚本を手掛けるといい、共同脚本家としてはアダム・アレッカが参加している。

[PR]

 原作は、携帯電話を使用していた人々が突如として怪物になってしまうさまを描いたホラーで、日本でも2007年に邦訳が出版された。キングの著作を映画化した作品には『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』といったヒューマンドラマもあるが、本作は『ミスト』に連なるホラー作品であり、まさにキングの面目躍如といえる作品になっている。

 一方、ウィリアムズ監督は低予算でありながら世界中でヒットを記録した人気ホラー映画『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの第2弾のメガホンを任されるなど、その実力が期待されている監督。ホラー界の大御所とのタッグがどんな作品を生み出すかに期待大だ。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]