注目は85歳と9歳の主演女優賞年の差対決!アカデミー賞の行方は?

第85回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最高齢でノミネートした85歳のエマニュエル・リヴァ(上)と最年少でノミネートしたクヮヴェンジャネ(下) - Courtesy of Sony Pictures Classics / Courtesy of Fox Searchlight/Mary Cybulski

 第85回アカデミー賞授賞式を目前に控え、受賞予想も盛り上がりを見せる中、今年の注目の対決を紹介したい。

映画『愛、アムール』場面写真

 主演男優賞部門で圧倒的な支持を得ているのが『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイス。アカデミー賞の前哨戦、ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、今年の賞レースを軒並み総なめしている。アカデミー賞ノミネートが5度目となるダニエルに、ノミネート回数で競っているのが『フライト』で6度目のノミネートを果たしたデンゼル・ワシントンだ。ただし主演男優賞におけるアカデミー賞常連対決は、奴隷解放を成し遂げたアメリカ史の英雄を演じたダニエルがやはり有力だろう。

[PR]

 続いて、ノミネートが発表されたときにも話題になった主演女優賞の年の差対決。『愛、アムール』のエマニュエル・リヴァは85歳で最高齢でのノミネート、一方の『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』のクヮヴェンジャネ・ウォレスは9歳で最年少でのノミネートとなり、長い歴史のあるアカデミー賞の記録を塗り替えた。病に苦しみながらも夫婦愛を貫く老女を優雅に演じたリヴァが一歩リードしているかのようにも見えるが、主演女優賞は混戦が予想される。約80歳差の対決も世界中の注目の的となるはずだ。

 有力候補がひしめく作品賞部門でひときわ異彩を放つのが、老夫婦の愛と死を見つめる『愛、アムール』と、元奴隷の数奇な運命を描く『ジャンゴ 繋がれざる者』。挑発的かつ個性ある作風で熱狂的な支持を得ている、ミヒャエル・ハネケクエンティン・タランティーノの両監督の作品が同時ノミネートされたのは映画ファンにはうれしいサプライズ。『リンカーン』『アルゴ』など強力なライバルとのオスカー争いとなるが、ダークホース的な存在の2作品にも注目したい。

 「対決」目線での見どころも盛りだくさんのアカデミー賞。フィリップ・シーモア・ホフマンクリストフ・ヴァルツの助演男優賞くせ者対決や、エイミー・アダムスアン・ハサウェイの助演女優賞美女対決など、「注目の対決」を楽しみながら賞の行方を見守りたい。(岩永めぐみ)

「第85回アカデミー賞授賞式」は2月25日(月)午前9時よりWOWOWプライムにて生中継(夜9時よりリピート放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]