全米No.1ホラー『ママ』に早くも続編の企画?ユニバーサル・ピクチャーズが示唆!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ママ(原題) / Mama』出演のジェシカ・チャステイン(右)と子役たち - Rob Kim / FilmMagic / Getty Images

 ジェシカ・チャステインが出演し、全米ボックスオフィスで1位を獲得した映画『ママ(原題) / Mama』の続編制作の可能性があることがわかった。Screen Internationalなど複数のメディアが報じている。

ジェシカ・チャステイン出演 映画『ゼロ・ダーク・サーティ』写真ギャラリー

 『ママ』は、両親を殺害された後に行方不明になっていた幼い姉妹が5年後、山荘で変わり果てた姿で生きているのを発見され、彼女たちの叔父ルーカスとその恋人アナベルに引き取られ4人での生活をスタートさせるが、姉妹の奇怪な行動が家の中に魔物を呼び寄せるというホラー作品。

[PR]

 アンドレス・ムシェッティがメガホンを取り、『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロがエグゼクティブ・プロデューサーを務めた。

 本作を配給したユニバーサル・ピクチャーズのデヴィッド・コッセは「我々は、『ママ』にはフランチャイズの可能性があると考えていて、もう1本制作したいと思っています。しかしこの話はまだ初期段階にあります」とコメントしている。

 ただ、ムシェッティ監督は「この題材についてはもうやり尽くした。続編は考えたことがないよ。続編は常にトリッキーだ。もちろん、配給会社の考え方もわかる。でも『ママ』は続きを作れるような作品ではないと思うよ。僕は、今は他の映画に関わりたいと思っている」と話しており、もし続編が制作されるとしたら、彼が監督から外れる可能性がありそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]