ジョー・カーナハンが『狼よさらば』の監督を降板!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『狼よさらば』から降板するジョー・カーナハン監督 - Amanda Edwards / Getty Images

 映画『THE GREY 凍える太陽』『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のジョー・カーナハン監督が、『狼よさらば』の監督を降板したことがわかった。Deadlineが報じている。

ジョー・カーナハン監督 映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』写真ギャラリー

 これは、1974年にチャールズ・ブロンソンが主演したカルト的人気を誇る『狼よさらば』を、パラマウント・ピクチャーズとMGMが提携してリメイクする作品。本作で監督を務めるはずだったカーナハン監督が、キャスティング面で制作会社と折り合いがつかなかったため、降板することになった。

[PR]

 パラマウント・ピクチャーズとMGMは、オリジナルでチャールズが演じたポール役にブルース・ウィリスを考えているようだが、カーナハン監督はその意見に反対していたという。

 オリジナル作品では、強盗に愛する妻を殺され娘を暴行された男が、自らの手で犯罪者を殺すことで復讐(ふくしゅう)を行い、次第に殺人マシーンへと変貌していく。町の人々が彼を英雄視する様子と、警察の無能さを皮肉っている点が注目された。

 このような骨太な映画に、カーナハン監督は適任と思われていたため残念。制作会社は彼の代役に誰を選ぶのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]