ウォシャウスキー姉弟『マトリックス』は盗作?著作権侵害で3億ドルの損害賠償訴訟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラナ・ウォシャウスキーとアンディ・ウォシャウスキー - Lester Cohen / WireImage / Getty Images

 映画『マトリックス』シリーズの監督であるウォシャウスキー姉弟が、シリーズ2作目の『マトリックス リローデッド』と3作目の『マトリックス レボリューションズ』のアイデアは盗作だとして訴えられている。

ウォシャウスキー姉弟監督作品 映画『マトリックス リローデッド』写真ギャラリー

 TMZ.comによると、訴訟を起こしているのは、トーマス・アルトハウスという人物。彼は2010年に初めて『マトリックス』シリーズを鑑賞した際、登場人物の首の後ろに取り付けられたプラグや、スーツ姿のロボットのようなエージェント、駅に捕えられた人々の描写などが、自身の脚本「ザ・インモータルズ(原題) / The Immortals」の内容に酷似していると認識したという。

 著作権侵害で3億ドル(約270億円)の損害賠償を要求されているウォシャウスキー姉弟とワーナー・ブラザーズ、そして同シリーズの制作者ジョエル・シルヴァーは、この件に関してコメントを発表していない。トーマスは、1993年に同脚本をワーナー・ブラザーズに送ったものの、返事はもらっていなかった。(1ドル90円計算)(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]