エリザベス・オルセン、舞台「ロミオとジュリエット」でジュリエットに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジュリエット役にぴったりな気がします - エリザベス・オルセン - Dominique Charriau / WireImage / Getty Images

 映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』『サイレント・ハウス』の若手女優エリザベス・オルセンが、オフ・ブロードウェイの舞台「ロミオとジュリエット」でジュリエット役を務めること明らかになった。New York Timesほか複数メディアで報じられた。

エリザベス・オルセン出演! 映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』写真ギャラリー

 同舞台は、今秋から2014年にかけて公演される予定。これまで、舞台「ダスト(原題) / Dust」(2008年)と舞台「インプレッショニズム(原題) / Impressionism」(2009年)に出演したエリザベスが、再び舞台に挑戦するようだ。

[PR]

 エリザベスは、1989年にメアリー=ケイトアシュレイ・オルセン姉妹の妹として生まれ、4歳から演技を開始。16歳のときにロシアン・シアターで学び、「インプレッショニズム」の舞台で注目を浴びる。その後、映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』『サイレント・ハウス』などの話題の映画作品で頭角を現してきた。

 また彼女は、スパイク・リー監督が手掛けるパク・チャヌク監督の映画『オールド・ボーイ』のリメイク作品に出演し、サミュエル・L・ジャクソンジョシュ・ブローリンらと共演。同作は10月に全米公開される予定だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]