『パシフィック・リム』の巨大日本製ロボット公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本製ロボット、その名も「コヨーテ・タンゴ」! - 画像はレジェンダリー・ピクチャーズオフィシャルツイッターのスクリーンショット

 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督の新作映画『パシフィック・リム』のポスターを制作のレジェンダリー・ピクチャーズがオフィシャルツイッターなどで公開し、同作に登場する日本製人型巨大兵器の全体像が明らかになった。

映画『パシフィック・リム』場面写真

 本作は、巨大怪獣とイェーガーと呼ばれる巨大兵器が戦うさまを描いたSF超大作。それぞれの国がイェーガーを製造しているという設定で、今回公開されたのは日本製の「コヨーテ・タンゴ」だ。ポスターには「JAPAN」の文字と日本の国旗も大きく記されている。また、関連サイト「Pan Pacific Defense Corps」によれば「コヨーテ・タンゴ」の全長は82メートルとなっており、その巨大さもひときわ目を引くものとなっている。

[PR]

 イェーガーのパイロット役として、日本からは菊地凛子の参加が決まっており、菊地が「コヨーテ・タンゴ」を操縦することになりそうだ。「コヨーテ・タンゴ」のほかには、アメリカ製の「ジプシー・デンジャー」、ロシア製の「チェルノ・アルファ」、オーストラリア製の「ストライカー・エウレカ」、中国製の「クリムゾン・タイフーン」などが登場することもすでに明かされている。(編集部・市川遥)

映画『パシフィック・リム』は2013年夏、丸の内ピカデリーほか3D/2D同時公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]