シルヴェスター・スタローンの愛犬 コヨーテに殺される

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
愛犬フィービーを亡くしたシルヴェスター・スタローン

 今月初めから行方不明になっていたシルヴェスター・スタローンの愛犬フィービーが亡くなっていたことが明らかなった。

シルヴェスター・スタローン主演最新作『バレット』フォト

 フィービーがいなくなったあと、スタローンと家族は自宅近くに迷い犬のポスターを貼り、1万ドル(約90万円)の報奨金をオファーしていたが、先日、コヨーテに襲われた遺体が発見されたとのこと。(1ドル90円計算)

[PR]

 「フィービーの死で家族全員が非常につらい思いをしています」とスポークスマンはTMZ.comにコメントしている。

 スタローンがペットの犬でつらい思いをするのは初めてではなく、売れなかったころ、愛犬のブルマスティフのバットカスを売らざるを得なかったことを最近のインタビューで語ったばかり。

 「ある店の前でバットカスを100ドル(約9,000円)で売りに出したところ、小人のリトル・ジミーというやつが50ドル(約4,500円)なら買うと言ってきたんだ。仕方がなく手放して、『ロッキー』の台本が売れてすぐにリトル・ジミーに犬を返してほしいとお願いをしに行った。奴は勝負しようと言ってきたけど、それは無理なので、3,000ドル(約27万円)と数回の脅迫でバットカスは戻ってきたよ」とスタローンは語り、映画『ロッキー』にリトル・ジミーを出演させたことも明かしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]