ジョニー・デップ、海賊姿で病院訪問

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
本物のジャック・スパロウが来たら子どもたちは喜びますね! - ジョニー・デップ - Photo:Album/アフロ

 俳優のジョニー・デップが、自身の代表作である映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウの衣装をまとって、お忍びで小児病院を訪問していることがわかった。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フォトギャラリー

 同シリーズのプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーによると、ジョニーは撮影などで旅をする際は大抵ジャック・スパロウの衣装を持ち歩いており、行く先々でジャック・スパロウのキャラクターに成り切り、病気の子どもたちを驚かせているとのこと。ブラッカイマーは「ジョニーは自分がとても恵まれている人間だと理解していて、それを人々に還元したいと思っているんだ」と語っている。

 ジョニーは2010年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』をイギリスで撮影中、現場近くの小学校に通う9歳の少女ベアトリスちゃんから手紙をもらい、ジャック・スパロウとしてその学校を訪れたこともあった。ベアトリスちゃんは「今までで一番エキサイティングな日だった! みんな息をのんだり叫んだりしていたわ。ジョニーはわたしを呼んでハグをしてくれたの」と小学校が興奮に包まれた様子をうれしそうに明かしている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]