キム・ベイシンガー、不妊の問題を抱えるキャリアウーマンに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演に決定したキム・ベイシンガー - Gregg DeGuire / FilmMagic / Getty Images

 映画『L.A.コンフィデンシャル』で第70回アカデミー賞助演女優賞に輝いたキム・ベイシンガーが、映画『プチ(原題) / Petit』で主演を務めることが明らかになった。The Hollywood Reporterが報じた。

キム・ベイシンガーが母親役で出演 映画『あの日、欲望の大地で』写真ギャラリー

 ベイシンガーが演じるのは、マリアというキャリアウーマンで、自分が不妊であると知り養子を迎えようとするが、その際、東ヨーロッパに存在する児童買春の事実に直面するという役柄。

[PR]

 本作はデンマーク出身のアナス・モルゲンターレル監督がメガホンを取り、すでに撮影はドイツで開始しているとのこと。モルゲンターレル監督はオムニバスホラー映画『ABC・オブ・デス』に参加している一人で、長編映画を英語で製作するのはこれが初めてとなる。

 ベイシンガーは、ポール・ハギス監督作で、ジェームズ・フランコミラ・クニスと共演する映画『サード・パーソン(原題) / Third Person』の撮影を終えたばかり。ピーター・シーガル監督、ロバート・デ・ニーロシルヴェスター・スタローンがボクサーを演じる映画『グラッジ・マッチ(原題) / Grudge Match』にも出演しており、来年1月より世界順次公開予定となっている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]