ヒュー・ジャックマン監修!『ウルヴァリン』最新ポスターは究極の和洋折衷!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒュー・ジャックマン特別監修! - (C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

 映画『X-メン』シリーズの人気キャラクターを主人公にした映画『ウルヴァリン:SAMURAI』の日本版ポスタービジュアルが、全世界に先駆けて初公開された。日本の象徴ともいえる桜の花びらをちりばめた同ポスターは、親日家として知られる主演のヒュー自らが特別監修。不死のウルヴァリンを「散ることのないサムライ」と表現した完全オリジナルビジュアルだ。

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』場面写真

 これまでに公開されたポスターでは、雨の中でひざまずくウルヴァリン、そして爪と刀と携えたウルヴァリンの姿がフィーチャーされてきた。今回はウルヴァリンを眼前数十センチで捉え、彼が握り締める刀には東京タワーとネオンに彩られたTOKYOの街が映し出されている。

[PR]

 ポスタービジュアルのそこここにちりばめられた桜の花びらもよくよく目を凝らしてみると、左上のものは鋼鉄のような輝きを放っているが、下に行くにつれて薄桜色に染まっていく。つまり、ウルヴァリンの不死の命の象徴であるアダマンチウムの爪から桜の花=はかない命、限りある命への移り変わりを連想させる趣向が凝らされているのだ。

 親日家のヒュー・ジャックマンが特別監修を務めただけあって、究極の和洋折衷ともいえる仕上がりになった同ポスタービジュアル。ハリウッドが大規模な日本ロケを敢行した本作のテーマを見事に反映しており、まるで一つの言葉からいくつもの思いをくみ取る和歌や俳句のような印象を受ける人も少なくないに違いない。

 本作は『レ・ミゼラブル』の大ヒットも記憶に新しいヒュー・ジャックマンが10年以上にわたって演じ続けてきた孤高のヒーロー・ウルヴァリンを主人公にしたシリーズ最新作。不死のウルヴァリンが異国・日本の地で初めて“死”の恐怖に直面するだけでなく、ウルヴァリンと日本人女性との切ない恋模様も描かれる。(編集部・福田麗)

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は9月13日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]