『ターミネーター2』のエドワード・ファーロング、執行猶予5年

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
裁判所でのエドワード・ファーロング - Frederick M. Brown / Getty Images

 元恋人への暴行罪などで起訴された、映画『ターミネーター2』のジョン・コナー役で知られるエドワード・ファーロングが、実刑判決を免れたことがわかった。TMZ.comなど複数のメディアが報じた。

かつての美少年のおもかげは…フォトギャラリー

 エドワードは現地時間5月21日に接近禁止命令が出ていた元恋人の自宅に現れ、暴力を振るっただけでなく、警察を呼ぶなと脅迫したほか、彼女のノートパソコンと撮影機器を壊し、暴行罪や器物損壊罪、脅迫罪など7件の罪で起訴されていた。

[PR]

 彼は罪状認否で無罪を主張したが、その後司法取引に応じたとのこと。現地時間1日に裁判所に出廷したエドワードがドメスティック・バイオレンスの罪に不抗争を申し立て、事実上罪を認めたことで、ほか6件の罪は棄却されたという。

 判決は執行猶予5年、90日間の薬物治療プログラムへの参加、1年間にわたるドメスティック・バイオレンスのカウンセリングが言い渡されたとのこと。61日間の禁固刑も告げられたが、未決拘留期間で刑期満了とみなされ、これ以上刑務所に入ることはないという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]