前田敦子、1年ぶりAKB48ステージに感涙!3万人のあっちゃんコール!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
卒業から初めてAKBのステージに立った前田敦子

 元AKB48の前田敦子が31日、北海道の札幌ドームで行われた「AKB48・2013真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」公演で、およそ1年ぶりに同グループのステージに立った。

あっちゃんAKBのステージに! フォトギャラリー

 コンサート終盤、ステージ中央に登場した前田は、「Flower」「君は僕だ」の2曲を披露。地鳴りのような歓声に目を潤ませながら「皆さん、お久しぶりです。前田敦子です」と笑顔を見せると、会場に集まった約3万人の観客に「卒業して1年が経ちました。こうしてまた皆さんの前で歌うことができて幸せです」と呼び掛けた。

[PR]

 ステージには、序盤から「あっちゃん来ていますから」と前田の登場に触れていた高橋みなみをはじめ、板野友美小嶋陽菜峯岸みなみらも登場。再開を喜び会うと、軽妙なトークで会場を盛り上げた。そして前田は、およそ1年3か月ぶりのソロシングルとなる、9月18日発売の新曲「タイムマシンなんていらない」を初披露。約1年ぶりとなったAKB48のステージに最大級の盛り上がりを提供した。

 公演後に前田は、会場に響いた「あっちゃん」コールに「本当にうれしかったです!」とコメント。ファンからの温かい歓迎に「そこまで優しく迎え入れてくれるとはさすがに思っていないくらいの、ウェルカム! っていう感じを全面に皆さんが出してくれて、それが声援だけですごく伝わってきて……うれしかったです」と笑顔を見せていた。

 またこの日は、先日結成が発表された、AKB初となる研究生だけのユニット「てんとうむChu!」が初お披露目。AKB48の小嶋真子西野未姫岡田奈々、SKE48の北川綾巴、NMB48の渋谷凪咲、HKT48の田島芽瑠朝長美桜ら7人が、新曲「君だけにChu!Chu!Chu!」を初々しい笑顔とともに披露。記念すべきステージを締めくくった。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]