中居正広、絵本作家デビュー!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
SMAP中居がシナリオ&読み聞かせに初挑戦! -絵本表紙より - (C) 2013劇場版「ATARU」製作委員会

 SMAPの中居正広が、主演映画『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』(9月14日公開)のスピンオフ企画として制作された絵本で初めてシナリオを手掛けていたことがわかった。

 絵本のタイトルは「シャボンだまのきせき」。中居が連続ドラマ「ATARU」(2012年4~6月・TBS系)や同映画で演じる主人公アタル(愛称:チョコザイ)をイメージして書き下ろしたSMAPの楽曲「ねぇ…」が基になっており、中居がチョコザイとしてシナリオをスタッフを共に書き上げた。

 「ピュアで純粋な作品に仕上がっていて、微力で不器用ながら文も作らせていただきました」という中居は、絵本付属のCDで映画の共演者・堀北真希と共に読み聞かせにも初挑戦。堀北は「とても温かいお話なので、読んでいてわたしも温かい気持ちになりました。絵本の中でチョコザイと会話が出来て楽しかったです」と振り返っている。

[PR]

 「シャボンだまのきせき」(8月27日発売)は、チョコザイと出会った女の子の二人に起こる奇跡をつづったハートフル・ストーリー。チョコザイの声を中居、女の子の声を堀北が務めている。

 『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』は、サヴァン症候群に起因する特殊な能力を持ったアタル(中居)が容疑者として身柄を拘束されることになる殺人未遂事件の真相をミステリアスに描いた物語。謎の女性・マドカにふんする堀北のほか、松雪泰子や元AKB48の光宗薫北村一輝栗山千明ら豪華キャストの競演も見どころの一つ。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]