ベン・スティラー、発明家トーマス・エジソンを描いた新作で監督候補に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エジソン役も見てみたい... - 監督候補のベン・スティラー - Bruce Glikas / FilmMagic / Getty Images

 映画『ナイト ミュージアム』シリーズ、『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズなどでおなじみのベン・スティラーが、発明家トーマス・エジソンを描いた新作『ザ・カレント・ウォー(原題) / The Current War』の監督候補に挙がっていることがThe Hollywood Reporterによって明らかになった。

ベン・スティラー引っ張りだこ!フォトギャラリー

 本作は、ワインスタイン・カンパニーが製作のための交渉段階に入っている作品。マイケル・ミトニックが2011年に執筆したものの、「ブラックリスト」(優れているにもかかわらず、製作されてこなかった脚本のコレクション)に入れられていたものが今回映像化されようとしている。

[PR]

 作中では、アメリカの電力システムの建設において、ライバル関係にあったトーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスの争いが描かれる。一時期、映画『リンカーン/秘密の書』のティムール・ベクマンベトフが監督する予定だったが、今回新たにベン・スティラーが監督候補に挙がっていることが伝えられた。

 これまでベンは、映画『ズーランダー』、『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』などでメガホンを取っている。今のところ、製作するかどうかも未定だが、ベンが手掛けることになるのだろうか? 彼が出演する映画『虹を掴む男』のリメイク作品は、クリスマスシーズンに全米で公開されることになっている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]