オーウェン・ウィルソン、親友の罵声に耐えられず退店

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レストランで罵声を浴びたくはないよ - オーウェン・ウィルソン - Raymond Hall / FilmMagic / Getty Images

 オーウェン・ウィルソンがマンハッタンのレストランで親友から罵声を浴びせられ、耐えられずに店を出たとNew York Post紙が報じた。

オーウェン・ウィルソン主演映画『ミッドナイト・イン・パリ』写真ギャラリー

 オーウェンは親友ピーター・ブラントトニー・シャフラジと一緒に食事をする予定だったらしいが、トニーが来なかったため、二人で食事を始めたらしい。遅れて到着したトニーは、来るなりオーウェンとピーターに「なぜ携帯電話に出ないんだ」と怒鳴ったという。

[PR]

 目撃者によると、トニーは二人に罵声を浴びせ続けたため、オーウェンは食べていたサラダを残し、店を出ていってしまったとのこと。

 美術ディーラーのトニーはその後、ちょっとした誤解がきっかけで起きたことだと説明している。「仕事で忙しかった長い一日のあと、レストランを間違えたんだ。オーウェンもピーターも電話にでず、外の道端でずっと待っているのが恥ずかしかった。ひどい言葉を浴びせたが、二人とも大親友だ」とコメントしている。

 トニーによると、オーウェンは息子のような存在で、オーウェンとピーターほど大切に思っている人たちはいないとのこと。今回の騒動で誰も根に持っていないとトニーは言っているが、人前で罵声を浴びせられたオーウェンの本音はわからない。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]