芦田愛菜、ハリウッド作品に「また参加したい」と意欲!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハリウッド作品に「また参加したい」と意欲を見せた芦田愛菜

 10日、映画『パシフィック・リム』公開記念舞台あいさつが、新宿ピカデリーにて行われ、本作に出演している菊地凛子芦田愛菜、そして日本語吹き替え版で声優を務めたお笑い芸人のケンドーコバヤシが浴衣姿で登壇した。ハリウッドでも高評価を受けていることに芦田は、「映画を観て凛子さんがかっこよかったので、チャンスがあればまた(ハリウッド作品に)参加したい」と意欲を見せた。

芦田愛菜&菊地凛子、浴衣で登場!フォトギャラリー

 地域によっては40度を超える猛暑となる中、涼しげなブルーを基調にした浴衣で登場した菊地は「子どもの頃、こういう映画を観て育った。この映画に出るために生まれてきたんじゃないかと思ったぐらい。夢がかないました」と本作への強い思いを語った。一方、ピンクのかわいらしい浴衣姿の芦田は「ものすごく迫力があって、映画を観ている間、ずっと体に力が入っていました」と壮大なスケールで描かれる対戦シーンに驚きの表情。

[PR]

 撮影中、菊地はギレルモ・デル・トロ監督の心遣いに感動したようで「パイロットとしてロボットの中で操縦するシーンは、本当に戦っている感じで、これまでで一番体力的につらい撮影でしたが、監督が集中力を高めるようにと、横で『となりのトトロ』をずっと歌ってくれていたんですよ」と、日本の文化を愛するデル・トロ監督ならではの裏話を披露。さらに菊地は、自身が演じるマコの幼少期を演じた芦田が「怪獣が襲ってくるシーンは、実際には(怪獣が)見えていないので難しかった」と感想を述べると、「愛菜ちゃんの集中力はすごい。わたしには怪獣が見えていましたよ」とその才能を絶賛した。

 観終わった人から「今まで観た怪獣映画で一番面白かった」「かっこよすぎて泣いた」などの感想を伝え聞いた菊地は、「(デル・トロは)日本のクリエイターを尊敬してやまない監督。先日、日本に来日した際は、空のスーツケース18個分も日本のフィギュアなどを購入したぐらい、日本を愛してくれている方なので、この評価を伝えたいですね」と感慨深い表情で語っていた。

 本作は、鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が描くSFアクション映画。太平洋に突如現れた謎の巨大怪獣に挑むべく、人類の英知を集結して作られた人型巨大兵器イェーガーに乗り込むパイロットたちの活躍を描く。(磯部正和)

映画『パシフィック・リム』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]