スコセッシ×デ・ニーロ×リュック・ベッソンの豪華コラボ!元マフィア一家を描くエンタメ作が11月公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スコセッシ×デ・ニーロ×リュック・ベッソンで元マフィア一家を描く! - (c)EUROPACORO- TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS Photo:Jessica Forde

 製作総指揮にマーティン・スコセッシ、主演にロバート・デ・ニーロ、監督にリュック・ベッソンという豪華コラボレーションが話題の映画『マラヴィータ』が11月に日本公開されることが決まった。

映画『マラヴィータ』フォトギャラリー

 デ・ニーロが演じるのは、FBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を使って世界各地の隠れ家を転々としてきた元マフィアのフレッド・ブレイク。家族と共にフランス・ノルマンディー地方の田舎町に溶け込もうとするも、昔の血が騒いでかんしゃくを爆発させたり、妻と二人の子どもも行く先々でトラブルを起こしたりとなかなかうまくいかない。

[PR]

 本作は、そんな問題だらけのブレイク家が、フレッドに恨みを抱くマフィアに居場所を突き止められたことで仁義なき壮絶なバトルに身を投じるさまをスリルとユーモアを織り交ぜて描いたエンターテインメント作。フレッドの妻役にミシェル・ファイファー、娘役にテレビドラマ「Glee」シリーズのクイン役で知られるダイアナ・アグロン、一家を監視するFBI捜査官役にトミー・リー・ジョーンズという豪華キャストが顔をそろえている。

 スコセッシ&デ・ニーロの傑作マフィア映画『グッドフェローズ』を引用した抱腹絶倒のシーンも含まれているといい、映画ファン必見と言うべき本作。脚本も担当するベッソン監督が、『真夜中のピアニスト』の脚本家トニーノ・ブナキスタが執筆した小説「マラヴィータ(隣のマフィア)」をどのように脚色し、ブレイク一家の波乱に満ちた異国の潜伏ライフを描き出したのかにも注目だ。(編集部・市川遥)

映画『マラヴィータ』はTOHOシネマズ有楽座ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]