宇宙での極限サバイバル!サンドラ・ブロック&ジョージ・クルーニー共演作、超絶映像が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ゼロ・グラビティ』日本版ポスタービジュアル - (C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 サンドラ・ブロックジョージ・クルーニーの二大オスカー俳優が共演する新作映画『ゼロ・グラビティ』の特報映像と日本版ポスタービジュアルが公開された。ただし、デジタル技術を駆使した圧巻の映像に見とれるのも一瞬のこと。その後に映し出されるのは突発事故、そして無重力空間での絶望的な状況……果たして二人は無事生還することができるのか? 次から次へと予想不可能な出来事が起こるサスペンス作品となっている。

見とれてしまうほどの映像美!映画『ゼロ・グラビティ』特報映像

 第70回ベネチア国際映画祭のオープニング作品である本作は、映画『トゥモロー・ワールド』『天国の口、終りの楽園。』のアルフォンソ・キュアロンが製作・監督・脚本を務めたスペースサスペンス。事故により地球との交信を絶たれ、酸素もわずか2時間しか残っていない中、漆黒の宇宙で2人きりになったメディカル・エンジニアの女性(サンドラ)とベテラン宇宙飛行士(ジョージ)の姿を描き出す。

[PR]

 今回の特報映像でまず目を引くのは、息をのむほど美しい宇宙空間の映像。とりわけ宇宙での“朝焼け”を映し出したカットは、映像美を売り文句にしたあらゆる作品の中でも傑出した仕上がりだ。そんな牧歌的な光景から一転、突発事故が起こってからの描写はただひたすらスピーディー。この短い映像からでも、キュアロン監督ならではの演出の妙がうかがえるのはさすがだ。

 本作の題材になっているのは宇宙空間での事故。宇宙空間で起こった唯一の死亡事故といわれているのが、1971年6月30日のロシア船「ソユーズ11号」の事故だ。このときは宇宙船内の空気が漏れ、搭乗員3名が死亡するという事態に至った。本作で描かれる事故はそれとはいささか異なるものの、宇宙の危険を感じさせるには十分。これだけでも作中の状況がいかに危機的なものかがわかるだろう。

 今回公開されたポスタービジュアルは、そんな作中での事故の瞬間を捉えており、本作の雰囲気を見事に反映している。演技力に定評のある2人のスターが繰り広げる、宇宙を舞台にした極限の人間ドラマに期待したい。(編集部・福田麗)

映画『ゼロ・グラビティ』は12月13日より3D / 2D同時公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]