満島ひかりは台風女!撮影中に2度上陸…急きょ雨のシーンに変更も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
台風女であることを明らかになった(?)満島ひかり

 映画『夏の終り』の初日舞台あいさつが31日、有楽町スバル座で行われ、満島ひかり綾野剛小林薫、そしてメガホンを取った熊切和嘉監督が登壇した。しっとりとした着物姿で登場した満島が、「今日は奮発しました。着物はやっぱりスペシャルな感じがしますね」とコメントすると、会場から温かい笑いがこぼれた。

満島ひかり、しっとり着物姿!フォトギャラリー

 主演を務めた満島は、初日を迎えた感想を聞かれると「観られたくないですね。新人さんのような気持ちで演じていたので、今日はちょっと恥ずかしいです」と照れ笑い。そんな満島は、熊切監督を悩ませるほどの雨女ならぬ台風女だったらしく、淡路島での撮影中には2度も台風が上陸してきたとか。これに対して満島は、「急きょ、雨のシーンに設定を変えたこともありましたね。でも、今まで渇いていたものに水が滴って、かえっていい感じになったと思う」とポジティブに捉えていたことを明かした。

[PR]

 その満島と三角関係を織り成す年下の元恋人を演じた綾野は「現場は何というかグチャっとしていて、ディープなところまで役に陶酔していました。そのせいで記憶が曖昧なんですが……とにかく満島は、誠心誠意、気持ちを込めて、自分をすごいところまで引っぱり込んでいたので、僕はそんな彼女を支えたいと思ってやっていましたね」と満島の演技に対する姿勢を絶賛。一方、年上の不倫男性を演じた小林は、「パイプ椅子に座ってばかりいたら腰を痛めてしまって、何も覚えていない」といつもの小林節で会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 本作は、100万部を超えるロングセラーとなった瀬戸内寂聴の私小説を、『海炭市叙景』などの熊切監督が映画化した恋愛ドラマ。妻子ある年上の男性作家と昔関係のあった年下の男、その二人の間で女の業に苦悩しながら揺れ動く女性の心模様を描く。(取材・文:坂田正樹)

映画『夏の終り』は有楽町スバル座ほかで公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]