小栗旬&三浦春馬 プライベートでも親しい二人のアフレコ共演秘話とは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
親しき仲にも先輩後輩の関係が見え隠れする小栗旬&三浦春馬 - 写真:高野広美

 松本零士の人気作を新たに映画化した『キャプテンハーロック』でボイスキャストを務めた小栗旬三浦春馬が、スタジオで共に挑んだアフレコのエピソードを語った。

映画『キャプテンハーロック』場面写真

 最新技術を駆使したフルCGアニメーションで話題の本作。主人公ハーロックのボイスキャストに抜てきされ、まるで別人のように渋く力強い声で役に挑んだ小栗は、「アフレコは何度か経験したけど、こんなに声を作り込んだことは今までなかった」と打ち明ける。そして、「監督から深みや渋みを出して、声の年齢を上げてほしいと言われたんです。大きな声を出すとキーが上がってしまうので、同じトーンをキープするのが難しかったですね」と現場での苦労を振り返った。

[PR]

 そんな小栗とは対照的に、「全てが新鮮で面白かった!」と朗らかに語るのは、ハーロックの暗殺を命じられた若き工作員ヤマの役でアフレコに初挑戦した三浦。「キャラクターのリップに合わせてセリフを言うのが大変だと聞いたんですけど、初めての僕はそれが当たり前だと思ってやったので、あまり違和感がなかったです」と満足げな様子。さらに、「旬さんと同じ空間でアフレコができたので心強かったです!」と続け、プライベートでも仲の良い小栗の存在が支えになっていたことを明かした。

 三浦にとって小栗は、役者としてもクリエイターとしても尊敬する先輩なのだそうで、「食事に行ったときなどに、『旬さんの監督作品に出してくださいよー』ってお願いすることがあるんです。実現したらうれしいな」とさりげなくアピール。すると小栗も、「今回はアフレコだったけど、実際に肉体で表現する芝居でも共演したいよね。僕の監督作品じゃなくてもいいけど(笑)」とにこやかに答える。

 取材の合間もお互いの近況や趣味の話など、楽しそうにおしゃべりを続ける二人は、公私共に相性抜群。本作の宇宙海賊ハーロックVS暗殺者ヤマのように、小栗と三浦の対決シーンが実写で実現する共演作を願わずにはいられない。(取材・文:斉藤由紀子)

映画『キャプテンハーロック』は9月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]