亀梨和也&玉置浩二、新ユニット「堀田家 BAND」結成!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
約8年ぶりにドラマ出演する玉置浩二

 22日、連続ドラマ「東京バンドワゴン~下町大家族物語」の制作発表会見が、日本テレビにて行われ、KAT-TUNの亀梨和也玉置浩二が「堀田家 BAND」としてスペシャルユニットを結成し、11月6日にシングル「サヨナラ☆ありがとう」をリリースすることを発表した。

亀梨和也&玉置浩二、新ユニット「堀田家 BAND」結成! 画像ギャラリー

 亀梨、玉置のほか、出演者の多部未華子ミムラ金子ノブアキ平愛梨尾澤ルナ君野夢真加賀まりこ平泉成井ノ原快彦(V6)、原作者の小路幸也、脚本家の大森美香が出席した制作発表会見。子どもの頃から玉置の歌を聴いていたという亀梨は「憧れていた方とご一緒させていただくなんてありがたいこと。最初は自分でいいのかなって思っていたのですが」と恐縮しつつも「1回歌ったら『OK!! いいねぇ』って玉置さんに言っていただいて……。すべて玉置さんに身を任せ、楽しくできました。緊張しましたが、刺激的な時間でした」と笑顔。

[PR]

 一方の玉置はしょっぱなから「これで安全地帯とKAT-TUNは解散します」と冗談を言い、現場を和ませると「爽やかな曲だよ、愛が詰まっている」とハイテンションで曲をアピール。玉置は劇中でも、亀梨演じる青の父で伝説のロッカー・我南人を演じているが、「実は(ドラマ出演は)7回も断ったんだよ。俺ももう55歳だし、人生好きに生きようって思ってるしね。嫌になると(現場に)行かなくなっちゃうかもしれないし、迷惑かけたらよくないしね」と裏話を披露すると「でもね、何度断っても誘ってくれるから、話だけでも聞こうって会ったら、最高のスタッフでね。キャストもメンバーも最高なんだよね」と約8年ぶりのドラマ出演に意欲を見せた。

 本作は、小路幸也の小説「東京バンドワゴン」シリーズをドラマ化。下町の老舗古本屋を舞台に、4世代の大家族が、事件を解決していく様子を描く、心温まるホームドラマだが、ミムラや金子が「自分の家に帰ってきたような雰囲気」と表現するように撮影現場のムードは抜群のようで、主演の亀梨も「芸能界に入って14年、普通は現場に入ると自然に背筋が伸びる感じになるのですが、このドラマは気の抜けた感じを伝えることが重要なので、素の自分を見せるようで怖い気もしますが、頑張って演じたいです」と、その雰囲気によってかもし出される相乗効果を期待すると共に「2013年、一番愛される家族を作ろうとみんなで頑張っています。人間っていいなって思える作品にしたいです」と意欲を語った。(磯部正和)

連続ドラマ「東京バンドワゴン~下町大家族物語」は日本テレビ系で10月12日より放送開始(毎週土曜日午後9時~9時54分、初回放送は午後9時~10時24分)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]