引退宣言のリトル・リチャード、心臓発作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
心臓発作を起こしたことを明かしたリトル・リチャード - Rick Diamond / WireImage / Getty Images

 ロック歌手のリトル・リチャードが先日、自宅で心臓発作を起こしていたことが明らかになった。現在80歳のリチャードは先月、アーティスト活動からの引退を表明していた。

 Rolling Stoneなどによると、リチャードは現地時間29日にアメリカ・アトランタで行われたシーロー・グリーンとのトークショーに登壇。そこで前週に自宅で心臓発作に見舞われていたことを明かした。

 「それが心臓発作だとは最初、気付かなかったんだ」とリチャードはそのときのことを振り返り、せきが出たり、右腕が痛んだことを告白。「息子に『部屋が氷のように冷えているぞ』と言ったら、エアコンをつけてくれた。そしてアスピリンを飲んだんだ。後から医者から言われたところによると、それが功を奏したらしい。神はわたしを見捨てなかったんだ」と経緯を語った。

[PR]

 この日はトークショーに出席できるまでに回復していたリチャードだが、移動に使うバスには病院用のベッドを備え、壇上でもあまり派手な動きを見せないなど、なるべく体に負担を掛けないようにしていたという。

 1950年代にデビューして以降、「トゥッティ・フルッティ」「のっぽのサリー」といった楽曲でロックンロールの礎を築いたともいわれるリトル・リチャード。ロック草創期の当時を知る多くの関係者がこの世を去る中で一人、活動していたが、先月には雑誌のインタビューで引退宣言をしたことも話題になった。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]