クロエ・モレッツ主演、黒髪少女「エミリー・ザ・ストレンジ」映画化に進展!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
黒髪クロエを見られる日は来るのか!? - Christopher Polk / Getty Images

 歌手の宇多田ヒカルが絵本版の翻訳を手掛けたことでも知られる「エミリー・ザ・ストレンジ」の映画化企画に進展があったようだ。TheWrapが、脚本リライトのため、新たな脚本家が起用されたと報じた。同作は、2010年に『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツの主演が報じられて以降、続報がなかった。

クロエちゃんに殴られたい?映画『キック・アス』フォトギャラリー

 「エミリー・ザ・ストレンジ」は、米サンフランシスコのアーティスト集団「コズミック・デブリ」が創作したキャラクター。真っ黒なロングヘアに色白の肌、4匹の猫と暮らす13歳の少女という設定で、ステッカーなどの作品に登場した後に、絵本やコミックなども出版され、人気を博している。

 映画化にあたっては、映画『ヘルボーイ』シリーズなどの製作を手掛けたマイク・リチャードソンがプロデュースを担当。ダークホースコミックスによるコミックをベースに、映画『白雪姫と鏡の女王』のメリッサ・ウォーラックが初稿を手掛けた。そしてTheWrapによると、この度ファンタジー風味の短編やアニメーションで国際的に評価を受けている映画監督で脚本家のキーラン・オルークが脚本のリライトを担当することが決定。映画化企画は直実に進行しているようだが、エミリーを演じるとされたクロエは現在16歳。まだまだあどけなさの残る彼女だが、13歳のエミリーを演じるには年齢がネックとなることが予想され、新たなエミリー役が選ばれる可能性もありそうだ。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]