福山雅治、前田敦子も訪韓!第18回釜山映画祭が開幕

第18回釜山国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
釜山映画祭オープニングレッドカーペットに登場した福山雅治 - (Photo: Megumi Shibata)

 現地時間3日夜、第18回釜山国際映画祭(BIFF)が開幕し、映画『そして父になる』の福山雅治をはじめ、日本からも多くの豪華ゲストが駆け付けた。タキシードに身を包んだ福山は、息子役の二宮慶多の手を取りレッドカーペットにさっそうと登場。プライベートを含めて初訪韓という彼だけに、「すごく歓迎されています。うれしいです」と大量のフラッシュを浴びながらも落ち着いた様子で語った。

あっちゃん、2PMテギョンも!釜山映画祭フォトギャラリー

 カンヌ、サンセバスチャンに続き国際映画祭への参加は3度目になる福山は、BIFFの印象を聞かれて「ヨーロッパ(の映画祭)とは違う華やかさですね」とコメント。子役の二宮、黄升ゲン是枝裕和監督との再会の喜びも手伝ってか、翌日に控えた公式上映を心から楽しみにしている様子がうかがえた。この日はほかに、歌舞伎役者・尾上松也との真剣交際が伝えられる前田敦子、韓国での知名度抜群のオダギリジョーらが出席した。

[PR]

 主演作『もらとりあむタマ子』を伴い、女優として初めて国際映画祭に参加する前田は、デコルテを強調する大人っぽくもキュートなドレス姿で終始、輝くような笑顔を振りまき、国際派女優への第一歩を踏み出した。今年の韓国勢は、映画界での活躍が期待されるK-POPスターたちの参加が目立ち、中でも2PMテギョンBIGBANGT.O.Pことチェ・スンヒョンが登場するや、女性ファンの黄色いどよめきがひときわ大きく響いた。

 興奮と歓声のレッドカーペット終了後には、韓国のベテラン女優カン・スヨン、昨年のタン・ウェイに続き中華圏からの抜てきとなった香港スターのアーロン・クォックの司会により、オープニングセレモニーがスタート。ホ・ナムシク釜山市長が高らかに開幕を宣言すると、毎年恒例の色とりどりの花火が打ち上げられ、会場の興奮もクライマックスに達していた。

 第18回釜山国際映画祭は、今月12日まで開催。オープニング作品にはブータン映画『ヴァラ:ア・ブレッシング(英題) / Vara: A Blessing』が、クロージング作品には本国から『ザ・ディナー(英題) / The Dinner』が選ばれた。(取材・文:柴田メグミ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]