リース・ウィザースプーン主演&製作の新作をディズニーが配給製作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ディズニーよ! - リース・ウィザースプーン

 米女優リース・ウィザースプーンが製作と主演を務める新作映画『ハッピリー・エバー・アフター(原題) / Happily Ever After』を、ディズニーが配給製作することになったとThe Hollywood Reporterが報じた。

リース・ウィザースプーンがオスカーを受賞!映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』フォトギャラリー

 テレビドラマ「23号室の小悪魔」の企画製作を手掛けたナーナチカ・カーンがメガホンを取る本作は、幸せなゴールインを迎えたおとぎ話の王子と姫の10年後を描く映画。おとぎ話の中であっても、結婚生活を持続させるには絶え間ない努力が必要、という現実問題が描かれるとのこと。2年以内に完成させる契約になっている。

 ウィザースプーンは、ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックスと共演のトマス・ピンチョンの小説「LAヴァイス」の映画化作品が現在ポストプロダクション作業中であるほか、シェリル・ストレイドの回顧録的な小説の映画化で、ニック・ホーンビィが脚本を担当する『ワイルド(原題) / Wild』に主演、プロデューサーとして参加することになっている。また、キアヌ・リーヴスと共演のSF映画『パッセンジャーズ(原題) / Passengers』の製作準備が進行中だ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]