みのもんた、女子アナへのセクハラ疑惑は完全否定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
苦笑しながら、セクハラ疑惑を完全否定したみのもんた

 タレント・みのもんたが26日、都内ホテルで記者会見を開き、司会を務めるTBS系列の報道バラエティー番組「みのもんたの朝ズバッ!」「みのもんたのサタデーずばッと」の降板の経緯を明らかにする一方で、インターネットを中心に話題になっている番組内でのセクハラ疑惑については強く否定した。

 みのは記者からの質問に答える形で、自身のセクハラ疑惑に言及。「みのもんたの朝ズバッ!」で吉田明世アナウンサーの腰を触るかのように手を伸ばしている場面が放送されたことについては、「(アシスタントやキャスターの)お嬢さん方は、発言をとちることがあるので、『しっかりしろ』の気持ちで腰をたたいた。セクハラなどということは全くありません」と当時の状況を説明した上で、完全に否定した。

 ネット上には当該状況のキャプチャー画像も広まっているが、問題になりそうなシーンの切り取りやスロー再生技術などで過剰な表現にされているのではないかと指摘すると、「うまくできていますね」とばっさり。次男や降板番組に関する話題では涙を浮かべる場面もあったが、セクハラ問題については苦笑していた。

[PR]

 その一方、番組降板に関しては「わたしが有名人じゃなければ、こんなに大きな話題にはなっていないでしょうね」と、みの。問題を起こした次男だけでなく、自らに矛先が向かっていることを、降板を決意した一因にあげると、将来的には「依頼があれば……」と報道番組への復帰の展望も口にした。

 「女房が生きていたら、(次男と)刺し違えていたと思います」「女房に申し訳ない」というみのは、事件後に次男宅を訪問したことも告白。その際には次男から土下座して謝罪されたが、みのからは何も話していないといい、会見の最後、次男への一言を求められた際には「ばかやろう!」と一喝した。(取材・文:県田勢)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]