北川景子、深田恭子と女同士のキス初挑戦に「高まった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
女同士のキスシーンについて語った北川景子と深田恭子

 北川景子深田恭子が初共演した映画『ルームメイト』の完成披露会見&舞台あいさつが30日、都内で行われ、二人のほか、高良健吾古澤健監督、主題歌を担当するandropが登壇した。北川と深田は本作で女同士のキスシーンに初挑戦しており、北川が「あの深田恭子ちゃんとこれからキスするかと思うと高まった。終わったあとは恥ずかしかった」と撮影を振り返ると、深田も「スタッフの緊張がすごかった。みんなドキドキしながら見守っていた」と現場の様子を明かした。

北川&深田、美の競演!完成披露会見フォトギャラリー

 華やかなドレスに身を包み登場した北川と深田。北川は「あの深田恭子ちゃんと一緒にできるのかと思うと本当にうれしかった。5月くらいに撮影し、もう皆さんのもとに届けられることがうれしいです」と笑顔であいさつ。深田も「原作と台本を読んでドキドキが止まらなかった。どんな作品になるんだろうって思っていました。難しい役だったけど、監督に助けられてなんとか演じることができました」と語った。

[PR]

 初共演の深田について北川は「きれいで中身も完璧。(性格面でも)安定していて、今日は違うということはないですし、いつも笑顔で現場にいてくださる。あと、先輩なのに気さくに接してくださった。深田さんがいるだけで現場のみんなが楽しそうでした」と称賛。一方、深田も北川について「真っ直ぐな人。クランクインのときからすごく親しくしてくれた。意外だったのは、サバサバしたイメージなのにメールだとすごくかわいいところ」と印象を好意的に語った。

 また本作での演技について北川は「自分にとって初挑戦の連続。絶対全力で死ぬ気でやろうと思った。恭子ちゃんに触発されてやった。お互いのリスペクトがあってできた」とコメント。深田は「景子ちゃんを痛めつける役だったので、撮影のとき、カットがかかると景子ちゃん大丈夫かなって。でも、景子ちゃんはもっと思い切りやっていいと声をかけてくれたり優しかった。皆さんがこの作品を観てどんなふうに思うのか不安でもあります」と明かしていた。

 本作は、今邑彩の同名小説を原案にしたサスペンスドラマ。看護師の麗子(深田)と、交通事故で入院したことをきっかけにルームシェアを始めた春海(北川)が、不可解な事件に巻き込まれるさまを描く。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ルームメイト』は11月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]