上戸彩、和食のユネスコ無形文化遺産登録にエール!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
上戸彩

 女優の上戸彩が2日、主演映画『武士の献立』がオフィシャルサポーターに就任した食の祭典「ジャパンフードフェスタ」のオープニングセレモニー、そして同じく丸の内で行われた同作の完成披露舞台あいさつに登壇した。林芳正農林水産大臣から、和食のユネスコ無形文化遺産登録がほぼ間違いないと聞かされた上戸は「おもてなしもあって、品もある料理なので世界の人にぜひ知ってもらいたい」と和食のさらなる普及にエールを送った。この日は共演の高良健吾余貴美子朝原雄三監督も同席した。

上戸彩、夫・HIROの話題に大照れ!フォトギャラリー

 上戸は「ジャパンフードフェスタ」では、林農林水産大臣から「EXILE PRIDE」の旗で出迎えられ、ご機嫌。イベントでは監督らとレッドカーペットを闊歩(かっぽ)し、鏡開きにも参加した。林大臣からは「こないだコンサートに行きまして、HIROさんのパフォーマンスに感動しました」と声をかけられ、恥ずかしそうな表情を見せる一幕もあった。

[PR]

 その後登壇した舞台あいさつで、上戸は演技を通じて和食と接したことを明かし、「こんなにだしにこだわる料理は他にないんじゃないかって思います。おもてなしもあって、品もある料理なので世界の人にぜひ知ってもらいたい。大臣から和食の無形文化財登録がほぼ決まりと聞きましたが、そんなタイミングで映画も公開できるなんておいしいですね」と笑顔。

 また、8年ぶりの主演映画ということで観客の反応も気になったのか、満席の会場を見回すと「空席ばかりだったらどうしようと思っていました。たくさんの人が来てくれてうれしい」と大喜びの様子だった。

 映画『武士の献立』は刀を包丁に持ち替え、料理で動乱を乗り越えた包丁侍の夫を支える妻を描いた、ユーモアあふれるヒューマンドラマ。上戸は加賀藩の由緒ある包丁侍の家に嫁いだ娘・春を演じる。ロケでは金沢市の伝統料理・治部煮(じぶに)に感激したといい、「わたしは和食といえばお寿司なんですけど、治部煮も負けないくらいおいしかった」と話していた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『武士の献立』は12月14日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]