スパイク・リー、ジャスティン・ティンバーレイクとタッグ?カサブランカ・レコード設立者の映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「リー監督、俺の映画を撮ってくれよ」 - ジャスティン・ティンバーレイクと、交渉中のスパイク・リー監督 - (右)Stefania D'Alessandro / Getty Images

 映画『インサイド・マン』『マルコムX』のスパイク・リー監督が、ジャスティン・ティンバーレイクが主演する新作『スピニング・ゴールド(原題) / Spinning Gold』の監督交渉に入ったことがThe Hollywood Reporterによって明らかになった。

スパイク・リー×デンゼル・ワシントン!映画『インサイド・マン』写真ギャラリー

 本作は、アメリカのレコードレーベル、カサブランカ・レコードを設立したニール・ボガートを題材にした作品。『2ガンズ』などのマーク・ダモンが、ジャスティンや『ドリームガールズ』などのローレンス・マーク、ゲイリー・A・ランドールと共にプロデュースする予定。脚本はニールの息子ティモシー・スコット・ボガートが執筆し、プロデューサーにも名を連ねている。そして今回、新たにリーがメガホンを取る交渉に入ったことが伝えられた。

 ニールは、ドナ・サマー、KISS、グラディス・ナイトカーティス・メイフィールド、ヴィレッジ・ピープルなどを輩出し、1970~1980年代にかけて音楽界で中心的存在だった人物。1982年に39歳の若さで亡くなった。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]