『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編が始動、リチャード・ギアも参加か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジュディ・デンチ - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 2012年にイギリスのコメディードラマとして製作された映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編が決定し、さらにリチャード・ギアが出演交渉に入ったことがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

 オリジナルの作品は、2004年のデボラ・モガーの小説「These Foolish Things」を、映画『恋におちたシェイクスピア』でおなじみのジョン・マッデン監督が映画化した。リゾートホテルで暮らすためにイギリスからインドにやってきた7人の熟年男女が、改装中のぼろホテルで、人生を謳歌(おうか)しようとする姿が共感を呼び、製作予算わずか1,000万ドル(約10億円)だったが、全世界の興行収入がおよそ1億3,600万ドル(約136億円)のヒットを飛ばした。(1ドル100円計算)

 そしてこの度、オリジナルの作品を手掛けたフォックス・サーチライトが製作/配給に関わり、ジョン・マッデン監督がメガホンを取り、キャストもジュディ・デンチビル・ナイマギー・スミスらが再び出演し、新たにリチャード・ギアとの出演交渉に入ったようだ。

 熟年を主人公にした映画が少ない中で、続編もヒットを呼ぶことができるのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]