テレビ版「アベンジャーズ」に『マイティ・ソー』第2弾の後日談

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドラマでコールソン捜査官を演じるクラーク・グレッグと、映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』主演のクリス・ヘムズワース - (左)Sonia Recchia / Getty Images(右)Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 世界中で記録的大ヒットとなった映画『アベンジャーズ』プロジェクト最新作の映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の続きが、『アベンジャーズ』に登場する国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.」を描いたテレビドラマ「エージェンツ・オブ・シールド(原題) / Agents of S.H.I.E.L.D.」のストーリーに織り込まれるとMarvelが発表した。

映画『マイティ・ソー』写真ギャラリー

 The Hollywood Reporterによると、アメリカで放送される11月19日のドラマ・エピソードは「ザ・ウェル(原題) / The Well」と題され、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のストーリーの後日談となるらしい。コールソン捜査官とS.H.I.E.L.D.のエージェントたちは、ソーの戦いの後処理に追われるが、エージェントの一人の命が危険にさらされるという。

[PR]

 同エピソードは「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」で知られるジョナサン・フレイクスが監督を務めるとのこと。

 当初、様子を見るために9エピソードの製作が発表された「エージェンツ・オブ・シールド(原題)」だが、10月に13エピソードが追加され、フルシーズン製作にゴーサインが出ている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]