ディズニーが「ジャングル・ブック」を実写映画化へ 『アイアンマン』監督がメガホンか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ジャングル・ブック」実写版監督をオファーされているジョン・ファヴロー - Angela Weiss / FilmMagic / Getty Image

 ディズニーが、同社のアニメーション映画でも知られるラドヤード・キプリングの童話「ジャングル・ブック」を実写映画化することが明らかになった。Deadline.comが報じた。来年の撮影開始を目指し、映画『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督と交渉中だという。

ジョン・ファヴローが監督した映画『アイアンマン2』フォトギャラリー

 「ジャングル・ブック」はノーベル賞作家ラドヤード・キプリングが1894年に発表した短編小説集。最も知られているのはジャングルで育った少年モーグリを主人公にしたエピソードで、同エピソードはディズニーにより1967年にアニメ映画化、1994年にはジェイソン・スコット・リー主演で実写化されている。

[PR]

 Deadline.comによると、再実写化にあたってディズニーはファヴローに監督をオファーしており、すでに『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』のジャスティン・マークスが脚本家に起用されているという。プロデューサーはまだ決まっていないものの、来年中の撮影開始を目指している。

 ディズニーは近年、「シンデレラ」など多くの童話の実写映画化を企画しており、「ジャングル・ブック」もその一つといえそう。1967年のアニメーション映画版は2003年に続編が製作されるなど、今なお愛される作品となっており、実写映画化を楽しみにしているファンも多いはずだ。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]