前川伶早、『完全なる飼育』最新作への覚悟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『完全なる飼育』最新作で主演を務めた前川伶早

 映画『完全なる飼育』シリーズ最新作『TAP 完全なる飼育』の初日舞台あいさつが9日、新宿の新宿ミラノ3で行われ、主演の前川伶早をはじめ、西沢仁太高川裕也有森也実山根和馬尚玄竹中直人片嶋一貴監督が登壇、役柄への取り組みなどを語った。

映画『TAP 完全なる飼育』フォトギャラリー

 本作は、監禁という状況下における、アブノーマルな男女の関係がテーマとなる人気シリーズの第8弾。やくざの愛人の娘で学校では壮絶ないじめに遭っている女子高生・結(前川)と、彼女を監禁した中年ヤクザ・設楽(西沢)との奇妙な関係を描く。

[PR]

 男に支配される女子高生役に体当たりで挑んだ前川は、「自分で覚悟してやると決めたので、驚きはなかったですけど、とにかく演じている間は必死でやっていました」と撮影時の心境を述懐する。

 また1作目以来『完全なる飼育』シリーズに度々出演している竹中は、「いつも何も考えずに現場に行くだけなんですが、これまで東京で撮影していたので、(ロケ地の)沖縄そばが楽しみでした。ただずっと雨が降っていて。雨待機がつらかったですね。ヤクザの役もちょっとテレました。まぁどの役もテレるんですけど」と語って、観客を沸かせた。

 片嶋監督は、「脚本家(一雫ライオン)と、西部劇だと思って脚本を作りました。西部劇の本質であるフロンティアスピリットみたいなものを、主人公に感じないとだめだと思いながら作りました」と映画に込めたテーマを説明。さらに「ここにいる人だけで映画は作られていません」と脚本家の一雫をはじめ、この日、客席にいたスタッフを一人一人紹介した。最後に前川は「もう全て見どころです。飼育されながら心が動いていく様を楽しんでいただけたら」と観客に呼び掛けていた。(取材・文:県田勢)

映画『TAP 完全なる飼育』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]