すだれ麩の治部煮に、かぼちゃのいとこ煮……上戸&高良が舌鼓を打った加賀料理とは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『武士の献立』で超本格的な料理の腕前を披露した高良&上戸 - 撮影:金井尭子

 江戸時代の加賀藩を舞台に、刀ではなく包丁で藩に仕えた包丁侍と、その夫を支えた妻との夫婦愛を描いた映画『武士の献立』で共演した上戸彩高良健吾が、おいしそうな料理が次々と登場する作品ならではの撮影秘話を語った。

上戸&高良が猛特訓で挑んだ料理シーンはこちら!映画『武士の献立』フォトギャラリー

 本作は、優れた舌と料理の腕を見込まれて、加賀藩の包丁侍の家に嫁いだ娘・春が、落ちこぼれの夫・安信とぶつかりながらも次第に心を通わせていくヒューマンドラマ。料理上手で、家族のために心のこもった料理を作る春を演じた上戸は、「料理を作るシーンにしても出来上がったシーンにしても、こんなに温かさを感じる作品はない」と言い、高良は「日本料理はまさにおもてなしの心だと学んだ」と語る。

[PR]

 本作にはそんな料理を作るシーンがふんだんに盛り込まれているが、鮒(ふな)の刺身で夫婦が腕を競うシーンでは「川魚はうろこは多いし、骨は硬くて、大変だった」と二人そろって苦労ものぞかせる。同時に学ぶことも多かったようで、上戸は「みそは煮込まず、野菜は別で煮て最後にさっと火を通すんですって」と、白みそのみそ汁のコツを伝授する。

 冒頭に登場する「生姜がゆ」から、 山の幸、海の幸や珍味をふんだんに使った加賀料理まで、作品を彩るさまざまな料理の数々。それらを撮影現場で味わった二人にお気に入りのメニューを聞くと、口をそろえて「すだれ麩(ふ)の治部煮」を挙げた。ほかにも上戸は「かぼちゃのいとこ煮も絶品でした」、高良は「鴨肉もおいしかったし、加賀の野菜を使った加賀料理も素晴らしかった」と付け加え、見た目も味も極上の料理に舌鼓を打った様子。

 人を思う心があればこそ、料理にも優しさがこもり、一層おいしさが増す。本作は、そんな絶品料理の数々がつなぐ人と人との絆を描いた一作となっている。(取材・文:前田かおり)

映画『武士の献立』は12月14日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]