JOY、「仮面ライダー」出演はドッキリかと思った?「三流タレントなんで」と自虐

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演オファーを「冗談と思った」と明かしたJOY

 モデルでタレントのJOYと敦士が25日、新宿バルト9で行われた映画『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』完成披露イベントに来場し、映画初出演に対する思いを語った。

鎧武とウィザードがバトンタッチ!フォトギャラリー

 平成仮面ライダーシリーズ15作目の「仮面ライダー鎧武/ガイム」と、前作「仮面ライダーウィザード」が共演する本作は、JOYと敦士にとって、映画初出演作。JOYは、「俺はやっぱり三流タレントなんで」と自虐的に語ると、「ドッキリとしか思わなかった」と本作のオファーを振り返った。

[PR]

 さらに「芝居は初めてなんで、やはり(観客の)反応が気になります」というJOYは、自身の出演を報じる記事もネットでチェックしたといい「Yahoo!ニュースのコメント欄には『敦士がんばれ』『映画は楽しみ』、それから『JOY死ね』と書いてあって。俺はどんだけ嫌われているんだ、と思いましたよ」と冗談交じりに告白。「どうかお手柔らかにお願いします。映画を観て、皆さんのイメージが変わってくれたらいいなと思いますね」と観客に懇願していた。

 一方の敦士は、「仮面ライダー」との共演に「一言でうれしい。これに限りますね。小さいころからの憧れのヒーローですから。映画の話をいただいたときは大興奮で、飛び上がって喜びました」とコメント。さらに「大スクリーンで自分の顔がどう映るのかドキドキでした。親にも知らせたところ、特に父親が喜んでいましたね。仮面ライダーは一緒に観ていましたから」と興奮が止まらない様子だった。

 この日の舞台あいさつには、「ウィザード」から白石隼也奥仲麻琴永瀬匡戸塚純貴高山侑子、そして「ガイム」から佐野岳小林豊高杉真宙久保田悠来志田友美らも出席。特に「ウィザード」チームは、テレビ放送が終了して以来、久々の集結となり、観客からは「おかえり!」という声援が送られた。そんなアットホームな雰囲気に、白石は「本当にこれが最後の『ウィザード』の映画です。ぜひ楽しんでください」と晴れ晴れとした表情を見せていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』は12月14日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]