ヒラリー・クリントンの伝記映画を『ハンガー・ゲーム』のライオンズゲートが配給か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒラリー・クリントン - T.J. Kirkpatrick / Getty Images

 第67代米国務長官ヒラリー・ローダム・クリントンを描く予定の伝記映画『ローダム(原題) / Rodham』は、ライオンズゲートが現在配給に向けて交渉中であることがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

 本作は、映画『トワイライト』シリーズを手掛けたテンプル・ヒル・エンターテインメントのウィク・ゴッドフリーマーティ・ボーウェンが製作する予定の作品で、サンダンス映画祭で特別審査員賞を獲得した映画『ザ・スペクタキュラー・ナウ(原題) / The Spectacular Now』のジェームズ・ポンソルトがメガホンを取り、脚本はキム・ヨンイルが執筆することになっている。

 そしてこの度、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズを手掛け、一躍注目されたライオンズゲートが、本作への配給権の獲得に向けて初期の交渉に入ったようだ。

[PR]

 そのストーリーは、ロースクールを卒業したヒラリーが、弁護士として下院の司法委員会でウォーターゲート事件に関してリチャード・ニクソン米元大統領への弾劾調査団に参加する中、ビル・クリントンとの関係を深めていく過程が描かれている。

 これまでヒラリー役の候補として、スカーレット・ヨハンソンリース・ウィザースプーンなどが挙がっていたほか、ポンソルト監督は、映画『ドライヴ』のキャリー・マリガンと面談しているが、マリガンはオファーを断っており、今のところ、誰がヒラリー役を演じるか正式に決まっていないようだ。

 先日、NBCがヒラリーを描いたテレビミニシリーズの製作を中止し、CNNが彼女のドキュメンタリーの製作をキャンセルしたため、今作に注目が集まりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]