木梨憲武、10年ぶりの声優挑戦で「『アバター』超えを狙う」と強気発言!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒットしなかったら声優の仕事は最後に!? 木梨憲武 - (c)シネマトゥデイ/奥山智明

 映画『ファインディング・ニモ』以来、10年ぶりに映画『ウォーキング with ダイナソー』で声優にチャレンジした木梨憲武が、7,000万年前の地球に生きた恐竜の声への苦心や、作品への思いを語った。

7,000万年前の恐竜がたくさん!『ウォーキング with ダイナソー』フォトフャラリー

 「魚の後、10年ぶりの声の仕事が恐竜。人間の役は依頼されないね」と笑わせつつ、オファーを受けたときは「ここまで大スケールの作品だと思わなかった」と振り返る木梨。一部の映像を観て、そのパワーに圧倒されたという。恐竜の主人公パッチを演じるため、アニメっぽい擬態語なども準備して収録現場に臨んだそうだが、「『普通のセリフ回しで』と言われ、演出のプロの指示に素直に従って演じることができた」と自然体で挑めたようだ。

[PR]

 恐竜を主人公にした、ファミリーで楽しめる作品ということで、木梨が気になるのが家族の反応。「役に自分を重ね合わせる姿を、家で見せることはない。でも、子どもたちは僕の仕事を横目で気にしているようで、そんな彼らが楽しみな目を見せる一瞬を待っている」と父親としての微妙な心理をのぞかせた。「『父親としてこういう作品に参加したかった』と素直に言いたい気持ちもあるけど、夜のお酒がまずくなるからあんまりウソっぽいコメントはしたくないんです」と木梨は照れくさそうに笑う。

 そうは言いつつも「僕が『JAWS/ジョーズ』に衝撃を受けたように、この作品は現在の子どもたちにものすごいインパクトを与えるはず。そしてあらゆる世代が共感できる物語が詰まっている」と木梨は作品の世界に大満足している。「『アバター』の3D技術が使われたということで、目標は『アバター』で! 大ヒットしなかったら、僕の責任なんで、これで声優の仕事は最後にします!」と最後は本心かどうかわからない“微妙な”決意表明で笑いを誘う木梨だった。

 『ウォーキング with ダイナソー』は、『アバター』(2009年)のスタジオとBBC EARTHフィルムズが製作を務め、科学的に検証された事案をベースに恐竜たちの世界を再現した驚異のアドベンチャー。(取材・文:斉藤博昭)

映画『ウォーキング with ダイナソー』は12月20日より3D吹替/2D吹替・字幕同時公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]